IDOL

【ライブレポ】Stella☆Beats藤田あかり、芸能活動12年の集大成。『藤田あかり卒業ライブ』

_DSC4867

2018年3月21日、渋谷 duo MUSIC EXCHANGE。
Stella☆Beatsの藤田あかりが、小学1年から12年間続けてきた芸能活動に、ここでピリオドを打つ。

17時45分の開場から、ファンが続々と入場。あっという間に場内の物販に長蛇の列ができる。
開演の18時半に近づくにつれ、フロアは満員状態。ステージ上にはバンドライブのセットが配置されている。どんなライブが繰り広げられるのか、その期待と、ここで引退を見届けるんだという複雑な気持ちがフロアに満ちていく。

18時31分。SEが流れる。心臓の鼓動音で始まるこのSEは、このステージを見守る全ての人、そして誰よりメンバーの心音とシンクロしただろう。
藤田による「藤田あかり卒業ライブ、盛り上がって行くよ!」の声、そしてファンによる大きなコールでライブは幕を開けた。

1曲目は「Season」。
_DSC4341

曲繋ぎで「初恋Mayfly」。冒頭のMIXからファンの全力が感じられる。
クライマックスでの「明かり消した部屋 寂しすぎて」にさしかかると、「あかり」のところでファンが全力で藤田の名前を呼んだ。
_DSC4484

そしてMC。順に自己紹介を終え、藤田より満面の笑顔で「遂に始まりました! 藤田あかり卒業ライブー!」。まるで卒業する人のテンションではない。
さらに「今日は私最後ということで、私のやりたい曲をたくさん詰め込ませていただきましたので、みなさんのお気に召さない曲があるかもしれませんが…」と笑いを誘う。

続いて3曲連続の1曲目は「雪のカケラ*」。ファンのMIX、コールはさらに声量を増す。
_DSC4579

大人っぽい「Borderline」では、ファンはコールもなく手拍子で聴き入る。
_DSC4661

「Straight Lines」。いつもソフトな印象の米満の声が、力強く感じられた。
_DSC4701

Stella☆Beatsの曲が残り2曲であることが藤田より告げられ、「さぁ共に! -story of yours-」へ。イントロでは前田から「あかり卒業おめでとう!」の言葉。
後半の「哀しいコトがある日も僕たちは」で新穂が感極まる場面も。
_DSC4757

Stella☆Beatsパートの最後は「Fantastic Traveller」。ファンのコールは叫びに近いものがあった。
_DSC4793

「以上私たち、Stella☆Beatsでした!」の挨拶の後、藤田より「ここからは、アレで〜す」と告げられ、しばしブレイク。

数分のブレイクの後、ガールズバンドのメンバーと、黒の衣装に着替えた藤田が登場し、完全な生バンドで「藤田あかりの歌いたい歌をカバーするコーナー」がスタート。バンドを従えても全く物怖じしない、見事なバンドボーカル姿だ。
_DSC4867

1曲終えてMC。バンドメンバーが紹介される。

ギター:エト・マキヤマ、ギター:まつもとまや、ベース:夏海ルイ、ドラムス:三田結菜。この日のために集まったという。
「みなさんが思っている以上にたくさん曲をやりたいと思いますので、知らない曲がたくさんあると思うんですけど、聴いててください。携帯とかいじらないでね〜」で会場爆笑。

SPONSORLINK



ここから3曲連続、シリアスなロックチューンが続く。藤田の力強い声質が映える。
_DSC4934

感情たっぷりに歌い上げていく藤田。いつも明るく笑顔の彼女が「12年の集大成に、歌いたい曲」としてこれを選んだのか…という思いを抱いたファンも少なくなかったのではないだろうか。
_DSC5011

歌詞を噛みしめるほど、どんな想いでこの曲を選び、歌っているのだろう、と考えさせられた。ともかく、その姿はカッコ良かった。
_DSC5118

アウトロでステージを去っていた藤田が、ライブTシャツに着替えて登場。話し始める藤田の明るい声を聞き、先ほどまでのステージとのギャップに驚いてしまう。
_DSC5151
 
Tシャツのイラストを自ら描いた藤田より、この絵の意味が説明された。
_DSC5160
 
3つある車は藤田(3つあるのは、これまで所属してきたグループの数から)で、後ろのビルは山あり谷ありだったこれまでを、そして街灯は、どんなときでも照らしてくれたファンを表している。「YOU ARE MY BRIGHTEST STAR」…これはそのファンへのメッセージだという。

残りが2曲であることが告げられる。

気づけば会場はバンドライブの現場に変わっていた。
_DSC5189

最後の曲はバンドメンバーとの掛け合いもあり、ファンからは声援も聞かれ、熱いバンドライブそのものであった。
_DSC5299

ジャンプで曲を終え、「以上、Stella☆Beatsの藤田あかりでした! ありがとうございました!」とステージを去るが、拍手はやがてアンコールを待つ手拍子に変わる。
そして、アイドルライブ恒例、ファン代表による口上が「あかりちゃーん!!」の叫びにも近い声で始まった。口上の後半は言葉にならないといった様子であったが、フロア全体の「あーかーりー!」コールで再登場を待つ。時間が経過するにつれてそのコールは大きくなっていった。

アンコールを受け、担当カラーである黄色のドレスに着替えた藤田が再登場。ステージの照明は暗く、松下福寿のピアノ伴奏により、しっとりと落ち着いた、別れの場面であることを意識した曲。
_DSC5317

そしてMC。涙で言葉が詰まりながらも、7分間、感謝を語り続けた。

本日は、藤田あかり卒業ライブにお越し下さったみなさま、本当にありがとうございます。

ダンスが好きで始めた7歳からはや12年、楽しくて始めたことも、いつからか苦しいことに変わってしまうこともありました。自然と笑えてたのに、いつしか『どうやって笑ってたんだっけ』って思ってしまうときも何度かありました。でも、そういうときに前に進んでこれたのは、応援してくださるみなさんがどんなときも、私の道しるべになってくださったからです。

私は、ライブが本当に大好きで、みなさんが待っててくださるステージに出てくるときの、言葉では表せないような気持ちだったり、『この時間がずっと続けばいいのにな』って気持ちだったり、いろいろな気持ちにさせてくださるのは、みなさんだけです。
私はアイドルとして歴史に残るようなこととか、記録に残るようなこととか、大して成し遂げられなったんですけど、私のファンのみなさんは本当に愛情深くて、私だけじゃなくてグループごと愛してくれるような方達ばっかりでした。本当にみなさんは私にとってずっとずっと宝物です。

そして、私が生まれたときからずっと支えてくれてるお母さんは、どんなときも味方でいてくれる、世界一のお母さんで、『私の夢をあかりに押し付けてるんじゃないか』って手紙とかで何度かで言われたことがあるんですけど、それは全く違くて、たくさんたくさん迷惑もかけたし、たくさん私の夢のために頑張ってもらいました。だから今までたくさん私に捧げてもらった分、これからはたくさん恩返ししたいなと思っています。

そして、今日のこの素敵な衣装、黄色い衣装も黒い衣装もつくってくださった衣装さんの(鈴木)亜香弥さんは、私にとってとっても大きな存在で、たくさんたくさん助けていただきました。今日も最後まで亜香弥さんがつくってくださった衣装を着ることができて、とっても幸せに思います。

本当に、みなさんと過ごしたこの12年間は一生忘れられない宝物ですし、12年間選んできた道は決して間違ってなかったと今心から思えるし、しっかり最後までアイドル人生を全うすることができたんじゃないかなと思っています。最後まで一緒に歩いてくれて、幸せにしてくださって、本当にありがとうございます。

最後になってしまったんですけれども、これからも私の大好きなお姉ちゃん3人(メンバー)と、Stella☆Beatsをずっとずっと愛してくださったら嬉しいです。本日は本当にありがとうございました。

会場いっぱいの拍手を受け、藤田からの「そんな大好きなお姉ちゃん3人に来てもらいたいと思います」の声で、メンバー3名が登場。ファンからのプレゼントが一つずつ渡されていく。
_DSC5398
 
前田より花束、米満よりメッセージカードのアルバム、新穂よりフォトアルバム。
_DSC5402
 
そして、卒業証書が新穂より読み上げられ、手渡される。

さらに、メンバー3名のぬいぐるみ。

前田「これでいつでも(前田)美咲たちのこと思い出せるやろ」
藤田「これ、なんかちょっと米満さんブスじゃない?」
会場爆笑
米満「そう、ちょっと思ったよね私も」
前田「実物の方がかわいいよって方がいいでしょ!」

集合写真を撮影後、最後の曲へ。
藤田「最後の曲です。私これから先、何か12年間続けろって言われたら続けられないような気がするので、私にとってこの12年間は、何にも変えられないものだと思っています。それでは、本当に本当に、最後の曲です…」

と、静まり返った会場に、最後の曲を一面黄色にすべく、用意していた液体サイリウムを折る音があちこちから…
「…聴いてください」と藤田が言いかけたものの、サイリウムを折る音があまりに響きすぎ…

藤田「ちょっと待って!笑 みんなちょっと待ってよ〜ちょっとフライングだって〜!」
会場爆笑
_DSC5448
メンバー「ポキ」「ポキ」「ポキ」
新穂「みんな笑わせてくれたのかな」
前田「みんな必死で(折ったサイリウムを)隠してるから」
藤田「ちょっとみんな身体が(光っているサイリウムで)黄色く」
前田「若干黄色いからみんな」
藤田「ちょっと待って〜すぐ曲振りするから!」
しんみりしていたムードが一転、笑いに変わった。

藤田「本っ当に、私のアイドル人生で最後の曲です。聴いてください。『Aria ~未来への地図~』」
イントロでは新穂から「ステラビに入ってくれて、ありがとう!」の声。ファンのコールも最大レベルに。
_DSC5531

全ての曲が終わり、藤田より挨拶。
「みなさん、本日は本当にありがとうございました。そして、12年間本当にありがとうございました。それでは以上私たち、Stella☆Beatsでした! ありがとうございました!」

会場いっぱいの拍手と「あかりちゃーん!」の声。
それに応え、ステージ上手、下手、中央で深々と一礼をし、「ありがとうございました!」

最後は投げキッスでステージを去っていった。
_DSC5607
 


『藤田あかり卒業ライブ』

2018年3月21日 18時30分開演
duo MUSIC EXCHANGE

セットリスト

SE
M01 Season
M02 初恋Mayfly
MC
M03 雪のカケラ*
M04 Borderline
M05 Straight Lines
MC
M06 さぁ共に! -story of yours-
M07 Fantastic Traveller

M08〜M14 バンドパート
(M08・M09間およびM11・M12間にMC、M14以降はアンコール)

M15 Aria ~未来への地図~


Photo & Text:芳田賢明

関連記事

  1. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第24回
  2. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第30回
  3. 【軽】SUPER☆GiRLSメインAsg-0425 SUPER☆GiRLS、新14人での初曲「ラブサマ!!!」オリコ…
  4. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第19回
  5. CP_EXPO_DAY41 『チキパ、パリにてJAPANEXPO出演!フランスで熱狂のステー…
  6. riko_title 【連載】米満梨湖「あしたのいろ、わたしのいろ。」第14回
  7. main 欅坂46、2ndシングル収録曲『語るなら未来を…』Music V…
  8. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第43回

ピックアップ記事

  1. L5001256
  2. titleimg_kk
  3. titleimg2
  4. titleimg2
  5. titleimg2

特集記事

  1. 【連載】米満梨湖「あしたのいろ、わたしのいろ。」第1回 riko_title
  2. 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第1回 titleimg
  3. 欅坂46、2ndシングル収録曲『語るなら未来を…』Music Video公開! main
  4. チキパ、新曲「Hands up!」のMVは、パジャマでロック!! Cheeky Parade_1
  5. 當山みれい、RADIO FISHの7/20配信SINGLEにゲストボーカリストとして参加決定!1st ALBUM『My Way』のiTunes予約もスタート! sub5

スポンサーリンク

Push!!

  1. 【連載】米満梨湖「あしたのいろ、わたしのいろ。」第1回 riko_title
  2. 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第1回 titleimg
  3. 欅坂46、2ndシングル収録曲『語るなら未来を…』Music Video公開! main
  4. チキパ、新曲「Hands up!」のMVは、パジャマでロック!! Cheeky Parade_1
  5. 當山みれい、RADIO FISHの7/20配信SINGLEにゲストボーカリストとして参加決定!1st ALBUM『My Way』のiTunes予約もスタート! sub5

New Comer

小2016-07-10 18.22.34 callme Live Museum 2016 Sounds Of Summerが仙台からスタート!

(callme/6notes シックスノート)クオリティーの高いパフォーマンスをセルフプロデユースし…

まこみな01 LINE MUSICで1位を獲得! 各種SNSで圧倒的な強さを誇る2人組 まこみなが配信シングル「キミがいてよかった」でデビュー!#やばぐね? #かなりやばぐね? #これまじでがちでやばぐね?!!!

(まこみな/6notes,シックスノート)動画投稿アプリMix Channelに投稿した動画の総再生…

WA-SUTA_160611_1050 わーすた、東京ゲームショウ2016オフィシャルサポーター就任決定!

エイベックスのアイドルレーベル“iDOL Street"から、今年メジャーデビューを果たした…

PAGE TOP